広がりある運動で持続可能な社会を/連合会長 古賀 伸明

2015.01.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

連合会長
古賀 伸明 氏

 新春を迎えるにあたり、年頭のご挨拶を申し上げますとともに、日頃からの連合運動に対するご理解・ご支援に心より御礼申し上げます。

 昨年は、クリミア危機や「イスラム国」問題など、国際社会に新たな課題が惹起されました。グローバル化は国境の意義を曖昧にし、ヒト・モノ・カネ・情報が国境を越えて自由に飛び回る時代をもたらしました。一方、民族や宗教の対立、社会的あるいは経済的な格差、感染症や環境破壊など、世界の持続可能性にとって脅威な課題をも瞬時に広げています。

 面的・量的な外への拡大の先にどのような社会をめざすべきか、そして質的豊かさや経済社会の公正な発展をいかに実現すべきか――…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月5日第2999号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ