【新年を迎えて――主要災防団体会長のメッセージ】荷主と連携し災害防止を推進/川合 正矩

2013.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 平成25年の新春に当たり、日頃から労働災害防止活動にご尽力いただいている会員事業場の皆様をはじめ関係の方々に心から感謝申し上げます。

 さて、本年は、新たに策定される国の「第12次労働災害防止計画(平成25年度~29年度)」がスタートする年です。当協会でもこれまでの労働災害防止計画の実績を踏まえ、新たな「陸運労働災害防止計画」を策定しているところであり、これらを踏まえ、次の取組みを重点として行うこととしています。

 陸運業においては、死傷災害の減少が必ずしも十分に図られていないこと、また、その約7割が荷役運搬作業中に発生し、また死傷災害の約7割が荷主などの皆さまの構内において発生していることから、平成23年の厚生労働省の荷役災害防止関係通達を踏まえ、…

筆者:陸上貨物運送事業労働災害防止協会 会長 川合 正矩

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月15日第2178号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ