【平成26年 厚労省安全衛生部~新年を迎えて~】12次防踏まえ災害減少へ/半田 有通

2014.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 平成26年の新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。日頃より労働安全衛生行政の推進に対して多大なるご支援とご協力を賜っておりますことに厚く御礼申し上げます。

 平成25年の休業4日以上の死傷災害は、昨年10月末時点の速報値で8万6153件と前年同期比で2167件(2.5%)の減少であり、5年間で15%の災害減少という第12次労働災害防止計画の目標の達成に向けて気を引き締めていく必要があります。

 労働者の健康面についてみれば、印刷事業場での胆管がん事案をはじめ、リスクアセスメントが未実施または不適切だったことにより発生した化学物質による健康障害が少なくありません。また、精神障害による労災認定件数が3年連続で過去最多を更新するなど、職場のメンタルヘルス対策も依然として大きな課題です。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 安全衛生部長 半田 有通

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年1月15日第2202号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ