【想いはせれば】第81回 不安全行為に「お節介」

2018.04.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶それは朝の通勤時間でした。私が乗っていた電車は、埼玉県の大宮から神奈川県大船行の10両連結の京浜東北線で、私は始発駅から乗っていたので座ることができました。電車が大宮から4つ目の浦和駅に近くなったとき、私の横に座って新聞を読んでいた中年の男性が突然、私に寄りかかってきてぐったりとして意識がありませんでした。ただごとではないな!私が乗っていた車両は最後尾だったので、電車が駅に着くと私は車掌の所に急行して様子を知らせました。車掌は直ちに車内放送で急病人が出た旨を告げ、掛けつけてきたホームの駅員とその男性を介護したり、救急車の要請を行ったりしていました。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年5月1日第2305号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ