【事故防止 人の問題を考える】第81回 リスクを熟知する人を育てるには(トラック編:交通事故)

2020.03.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

不安全状態を「当たり前」にしない

 新年度になり、職場には、初々しい新人が入ってきていることでしょう。右も左も分からない新人には、職場に潜む危険とその対策をしっかりと教育することが何より大切です。

 今から37年前、ゼネコンに入社し建設現場に配属され、その現場に赴任した初日に言われたことが、「溶接の光をみてはダメ!」でした。今でもはっきり覚えています。それは現場では当たり前のことですが、新人には当たり前のことではありません。

 また、職場が安全であることも新人には重要です。そうではなく、不安全な状態があったり、不安全な行動が行われていたりすれば、新人はそれが当たり前と思ってしまいます。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ