【国土を脅かす地震と噴火】9 平安時代の富士山①/伊藤 和明

2018.03.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

有史以来最も活発な時期

溶岩流れ込み湖は沸騰する イラスト 吉川 泰生

溶岩流れ込み湖は沸騰する
イラスト 吉川 泰生

 活火山富士は、現在こそ沈黙を保っているが、歴史時代にはしばしば大規模な噴火を引き起こしてきた。富士山が活動している状況を詠んだ歌は、『万葉集』をはじめ、柿本人麻呂の『柿本集』などに収められており、当時は、山頂からたえず噴煙が上がっていたことを物語っている。

 「ふじのねの たえぬ思ひを するからに 常盤に燃る 身とぞなりぬる」

 『柿本集』に載るこの和歌が、…

筆者:NPO法人防災情報機構 会長 元NHK解説委員 伊藤 和明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月12日第3152号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ