【環境ビジネス最前線】事業所見学会で相互研さん 「総括管理士」設け安全・安心確保/環境衛生施設維持管理業協会

2014.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

し尿処理場の脱水機を視察

 東日本大震災以降、再生可能エネルギーと絡み合って、廃棄物処理問題に社会の注目が高まっている。わが国の環境問題が熱を帯びるなか、本誌では「鉄鋼」「造船」「住宅」「空調衛生設備」に続く、業界団体リレー取材シリーズ第5弾として「廃棄物処理業」にスポットを当てる。その中でも自治体の環境衛生施設の維持管理で中心的な役割を担う一般社団法人環境衛生施設維持管理業協会(以下、環維協=荻野政之会長)では、精力的な安全衛生活動を推進。安全優良事業所の見学研修会や意見交換会などを実施して、事業所間の相互研さんを促し、安全衛生活動のレベルアップを図る。また、環境施設総括管理士制度を設け、安全・安心の担い手となる人材を育成している。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年4月15日第2208号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ