【イラストで学ぶリスクアセスメント】第88回 わく組足場での墜落災害

2014.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

《建設業の労働災害発生状況》

 建設業における平成25年の労働災害の死傷者数は1万7189人、このうち墜落・転落によるものは35%、死亡者数は342人で、このうち墜落・転落は160人(47%)と約半数を占めています。主な起因物をみると、「足場から」34人(21%)、「屋根・屋上」27人(17%)、「ガケ・斜面から」21人(13%)、「スレート・波板等の踏抜き」16人(10%)、「窓・階段・開口部・床の端」10人(8%)などで平成23年と比べて「足場から」は7人増加しています。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月1日第2223号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ