【イラストで学ぶリスクアセスメント】第80回 傾斜地での刈払機の災害防止

2014.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 エンジン刈払機は林業だけでなく、建設業、庭園・公園・道路周縁・ゴルフ場の維持管理などで、幅広く使用されています。今回は夏期に除草作業が多いので、最も危険性の高い「傾斜地での刈払機の災害防止」をテーマにします。

【可搬式の刈払機による作業の特徴】

 (1)屋外作業なので作業条件の変更が難しい、(2)作業の時期が制約されている、(3)作業の場所が一様でない、(4)作業者は刈払機を装着し歩行、(5)機械化が難しいなどです。

 質量は肩掛け3~5kg(揺動式6kg)・背負い7~8kgで、刈払中は振動する。燃料は混合ガソリンで、必ず金属携行缶に入れて、運搬(火気厳禁)しましょう。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月15日第2214号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ