【空調衛生設備業の現場は、今】「社員送り出し教育」が充実 現場力の向上を図る/大気社

2013.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

のび馬には使用基準を定めている(「社員送り出し教育テキスト」より抜すい)

 ㈱大気社環境システム事業部東京支社(東京・中野区)では、現場に入場する前の送り出し教育に力を入れている。とくに現場所長、現場担当社員に対しては「社員送り出し教育」として実施し「現場力」を高める。具体的には「社員送り出し教育テキスト」をベースに、予め必要な知識習得やルールの再確認を行う。同テキストには63項目の指示事項や注意点が示されており、そのなかからピックアップして教育を実施。例えば「のび馬使用上の注意事項」の項目では、「のび馬使用許可書を掲示する」「毎日使用前点検を行う」などのルールを示している。教育を体系的に取組み始めたことで、災害件数が減少していったという。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年5月15日第2186号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ