【空調衛生設備業の現場は、今】タイムリーな教育を提供 酸欠講習ではAEDの操作も/東京空調衛生工業会

2013.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

酸欠教育では救急蘇生の方法も

 「鉄鋼業」「造船業」「ハウスメーカー」に続く業界団体のリレー取材、第4弾は「空調衛生設備業界」。建築物の空調・給排水設備などの設計、施工、運用を行う同業界は、環境問題の高まりのなか、省エネ化を図り地球にやさしい技術・開発に努めている。(社)東京空調衛生工業会(是常博会長)は、設備工事業の技術研究を行うとともに、安全衛生管理も特に力を入れている団体だ。活動の一つとして、ニーズにそったタイムリーな教育メニューを会員企業に提供。たとえば、盛況だった酸欠特別教育ではAEDの講習を盛り込むなど実地を重視した内容としている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年3月15日第2182号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ