【裁判例が語る安全衛生最新事情】第290回 糸島市事件② 自殺に企業責任認めるも過失相殺8割 福岡高裁平成28年11月10日判決

2018.02.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 被災者亡Aは、被告Y市に勤務していたが、公務上の心理的負荷のために精神障害を発症し、過労により自殺したとして、亡Aの遺族がY市に対して国賠法1条1項に基づいて損害賠償請求をした事案である。

 亡Aは、昭和56年4月にY市の前身であるM町に採用され、その後、合併によりY市となったが、平成22年1月からは担当課長を務めていた。亡Aは、森林の保護、農業用施設、農道の維持管理などの業務を担当することになったが、さらに、難解な林地開発に関する許可業務や、合併に伴う条例案の策定、市議会への説明、住民説明会などがあり、その後の市議会への上程のために議案書、想定問答集や議員の説明に対する答弁書を策定した。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ