【イラストで学ぶリスクアセスメント】第57回 階段で作業台を使用し転落

2013.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 階段やエスカレーター、急なスロープなどでは壁面の窓の清掃、壁面への掲示板の新設、壁面の照明器具の交換、階段天井部の蛍光管などの交換、壁面・天井の保守など多くの作業があります。今回は階段の壁面にある掲示物の張替えをテーマにします。

 傾斜した階段などは平らな床面とは違い、作業台などを無防護で使用すると、墜落と転落の危険性があります。

地震が発生しバランス崩す

 階段の傾斜角は30度、形状が踏面29cm(け込み5cm)・け上げ17cmで、階段の両側に堅固な手すりがあり、上と下の踊り場の高低差は約3mです。食堂前の階段なので壁面を有効利用するために、壁面には複数の掲示物がありました。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月1日第2191号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ