【イチからカクニン安衛法】フェールセーフ化

2014.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

異常感知したら運転不能に

 安全管理の基礎は、機械が正常に作動し、労働者が正しく操作するという前提の下、労働災害が発生しない体制をつくり上げることです。しかし、それだけでは万全とはいえません。機械に故障は「つきもの」ですし、どれだけ安全衛生教育を徹底しても、人間のミスをなくすのは不可能です。

 そうした危険を除去する方法として、フェールセーフやフールプルーフと呼ばれる安全システムに対する関心が強まっています。基本的には、機械が故障しても大丈夫な設計とすることを「フェールセーフ化」、人が「ポカ」を起こしても安全な仕組みを「フールプルーフ」と呼んでいます。

 本欄では、厚生労働省が策定した「工作機械等のフェールセーフ化に関するガイドライン(平10・7・28基発464号)」を採り上げます。その中では、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年3月15日第2206号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ