【イチからカクニン安衛法】フォークリフトの安全基準

2015.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

運転は有資格者に限る

 安衛則で定める「車輌系荷役運搬機械等」(第2編1章の2・1節)の2款ではフォークリフトに関する安全基準を定めています。

 フォークリフトとは、フォーク・ラム(別掲1参照)・バケット・クランプ・クレーンアーム・ドラムキャリア等の装置とこれらを上下させるマストを有する荷役機械を指します。カウンターバランス式、サイドフォーク式、リーチフォーク式等の区別があります。

 フォークリフトは、製造業・建設業だけでなく、倉庫業・小売業・卸売業等でも広く使用されています。建設用重機等と比べると小型で操縦も簡単ですが、それがかえって事業者・労働者の不注意を誘引し、大小さまざまな事故が発生しています。

 フォークリフトの安全基準(別掲1参照)は、大きく2種類に分かれます。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ