【安全衛生マン喜怒哀楽】「やるべきこと」の認識を

2013.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京オリンピックの後、東京に出てきた少年が「田舎者」と言われて過ごした学生生活数年後「精力善用・自他共栄」の言葉に感化され柔の道に進むこととなる。ところが、どこでどう間違ったか社会に出ると土木屋に変身していた。

 時は下水道事業の真っ只中、明けても暮れても下水道管と睨めっこ。親方の頭の中にある作業手順書に合せ段取りを進め、作業指示を出し、資格も取得し、市を挙げての区画整理事業に携わり首都高速の耐震や羽田や関西空港の部分設計などを経験し一人前になったつもりであった。…

執筆:林建設㈱ 安全衛生推進室 室長 三鷹労働基準協会委員 佐野 隆継

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月1日第2193号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ