【安全衛生マン喜怒哀楽】第12次防スタートに思う

2013.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 第12次労働災害防止計画(第12次防)が3月8日に公示されてから約2カ月が経過し、すでに計画を実施中の段階です。当該計画は、労働安全衛生法第2章で規定されている計画で厚生労働大臣が5年ごとに策定するものです。

 第12次防がこの5年間で目指す目標は、他業種と比較して労働災害の発生割合が増えている第3次産業における安全衛生対策の充実、死亡災害の半数以上を占める建設業における墜落・転落災害防止対策、製造業における機械によるはさまれ・巻き込まれ災害防止対策の重点取組みによる死亡者数の減少、過重労働対策、メンタルヘルス対策のさらなる取組みによる有所見者の減少です。…

執筆:特定社会保険労務士 労働安全コンサルタント 小山 豊

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ