【事故防止 人の問題を考える】第4回 この半世紀、「人の問題」の解決で労災が大幅に減少(前編)

2016.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

半世紀で災害は8割超も減少

土止め支保工を確実に設置
(東京都水道局のDVDより)

 わが国の労働災害の発生件数は、どのように推移してきたのでしょうか。この半世紀を振り返ってみます。

 全産業の死亡者数の推移をみると、半世紀前の昭和40年には6046人にも及んでいましたが、平成27年には972人まで、実に84%も減少しました。また、初めて1000人を下回りました。今から20年前、バブル終焉期の平成7年の死亡者数2414人と比べても、平成27年は60%も減少しています(資料)。

 一方、死傷者数は、昭和40年は全産業で40万8331人(休業8日以上対象※)でしたが、平成27年には11万6311人(休業4日以上対象)まで大きく減少しました。

 このように、この半世紀、労働災害は大幅に減少しましたが、これらは現場関係者の皆さんの努力の賜物に他なりません。

 では、どうしてこれほど減少してきたのでしょうか。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月15日第2270号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ