【事故防止 人の問題を考える】第3回 人は事故を「たまたま」と捉えてしまう。それではいけない

2016.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

福岡飲酒運転事故から10年

「今回はたまたま……」とは、あまりに当事者意識が低くありませんか?

 先日、福岡出張の際、あの福岡3児死亡飲酒運転事故から10年経つ記事が地元新聞に掲載されているのをみかけました。家族5人の乗った車が、海の中道大橋で、飲酒運転の車に追突され博多湾に転落し、車は水没。母親は何度も海に潜りわが子を救おうとしましたが……あまりに悲惨な事故でした。

 新聞は弁護士を通じて家族のメッセージを公表しています。「あの日の出来事は決して忘れられません。もう思い出したくない気持ちもあるが、亡くなった3人の子どもたちのことを考えると決して忘れてはならない」と揺れる感情がつづられていました。

 事故は突然起こり、時に、取り返しのつかない事態になる。何年経とうが、被害を受けた者の心は決して癒されない。このことを忘れてはなりません。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ