【建設業の労働災害事例】第210回 地下貯留槽で煉炭を交換中、一酸化炭素中毒になる

2014.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.当該工事は、家畜の糞尿の野積等を行う堆肥舎(幅18m、奥行き10.8m、塀の高さ2m、鉄筋コンクリート製)と堆肥舎の地下部に鉄筋コンクリート製の汚水用地下貯留槽(幅10.5m、奥行き4.5m、深さ2.7m)を建設する工事である。

2.11月30日から12月1日にかけて地下貯留槽の基礎スラブ及び壁のコンクリート打設を行い、同箇所の養生として全体をブルーシートで覆いジェットヒーターで行った。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月1日第2223号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ