【建設業の労働災害事例】第219回 生原油貯蔵タンク内で足場組立て作業中、水銀中毒に

2015.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.工事は、水銀を微量含有する生原油を貯蔵していたタンク1基(容量5,000kℓ、高さ12.2m、内径22.3m)の清掃・錆除去(サンドブラスト)、足場組立て、塗装、非破壊検査を行うもので、請負形態は、元請~6次下請まであり、全部で27社60名である。

 災害は、タンク内部に立入って内部足場の組立て、内部壁面サンドブラスト、塗装、廃砂回収等の作業を行っていた作業者が、8月上旬から9月上旬にかけて、水銀の中毒症状である発熱・湿疹の共通症状を呈したものである。

 疾病者共通の症状は、発熱38度以上、皮膚炎(湿疹)で、発症はタンク内作業後、または、翌日以降であった。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ