【社労士が教える労災認定の境界線】第219回 暴行による被災から復帰後の事故で適応障害

2016.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 病院の看護師として勤務するAが、高齢患者Bから腕を蹴られるなどの暴行を受けた(以下、第一事故)。労災と認定され、後遺障害等級9級(神経系統の機能または精神に障害を残し、通常の労務には服することができるが、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの)に該当する状態となり、障害補償給付を受けた。復職後、今度は別の高齢患者Cから腕をつかまれ振り回されるなどの暴行を受けた(以下、第二事故)。これによりAは強い恐怖心を感じて適応障害を発症したとして、休業補償給付の支給を求めた。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士永井事務所 所長 永井 康幸

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月15日第2258号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ