【社労士が教える労災認定の境界線】第201回 業務以外の耕作作業でトラクターが横転

2015.08.15 【安全スタッフ】

災害のあらまし

 K社は、個人住宅の新築およびリフォームを業としている会社であり、社長Yは、父の事業を継承し、堅実な経営を行っていた。Yは、個人で畑(約300平方メートル)を所有し、早朝や休日を利用して自家消費用の野菜類を栽培していた。労働者Aは、勤続18年、中堅の大工職人として勤務していた。4月下旬の晴天の日、Yは出勤してきたAに、午前中の2時間程度、トラクターによる畑の耕作をするよう指示し、Aはその日の業務の段取りをつけ、社屋近くの畑で作業を開始した。ほどなくした頃、天候不順の日が続いた影響で、ぬかるんだ畑にハンドルを取られ、トラクターが横転してしまった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 山形会 社会保険労務士西村事務所 所長 西村 吉則

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成27年8月15日第2240号

あわせて読みたい

ページトップ