【建設業の労働災害事例】第253回 建屋内部で発電機を使用中、一酸化炭素中毒になる

2018.09.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害の発生状況

1. 自社の倉庫兼事務所(木造平屋)の新築工事において、躯体はほぼ完成し、発生時、事業者と被災者は屋内電気配線作業に従事していた。

2. 作業は午後2時頃から行われ、電気ドリルを使用するため発電機(内燃機関)から電気を取っていた。発電機はシート養生されたシャッター開口部(幅2.5m×高さ2.6m)付近に排気筒をシート側に向けて設置されていた。

3. 午後3時頃、事業者は打合せのため現場を離れ、被災者はその後単独で、脚立を利用して作業を継続していたが、気分が悪くなってきたため、…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ