【建設業の労働災害事例】第251回 ブレーカで埋設ガス管を破損し、漏洩したガスに引火

2018.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害の発生状況

1.工事は、工場構内の基礎コンクリート(厚さ40cm、縦7.2m×横16.2m、約116.6㎡) の解体・搬出作業で、災害発生時は、ブレーカで基礎コンクリートの破砕作業を行っていた。

2.午前11時20分頃、ブレーカのオペレーターは、コンクリート基礎部分の角をめくり上げようとブレーカの先を地中に刺した際、地中33cmに埋設されていた直径10cmのポリエチレン製LPガス管を破損し、LPガスが地上に漏洩した。

3.1次下請現場責任者は、直ちにガス会社、食品工場に電話連絡を行い、午前11時30分頃、ガス会社の3名と食品工場の3名が現場に到着し、火気厳禁の指示をした後、元栓のバルブを閉めた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年8月15日第2312号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ