【産業カウンセリングの現場から】第134回 人を受け止め、受け入れる

2017.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

音が精神に影響

 音、電磁波、紫外線などが身体・精神に影響を及ぼすことは以前からいわれてきました。

 最近では、気象の変化によって身体・精神に症状が出現する「気象病」という言葉も聞かれるようになってきました。多くの人はこれらの影響を体験したことがないため、「天気が悪いと身体が動かない」という人に対し、「怠けている」と思ってしまうかもしれません。が、”怠け”とはいえないのです。

 以下は、私自身が体験してきたことです。まず、超音波(高周波?)と低周波の両方が聞こえます。これが苦痛でたまらない。超音波では頭が締め付けられるようで、ときに痛くなり、心身ともに緊張します。低周波では強い不安と動悸が起こります。…

執筆:臨床心理士 シニア産業カウンセラー 2級キャリア・コンサルティング技能士
キャリアコンサルタント 深瀬 砂織

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月15日第2278号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ