【想いはせれば】第134回 危ない「へっぴり腰」

2020.07.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶最近、テレビで時代劇のドラマなどを見ていると、気にかかるシーンが目につきます。一つはドラマの中で畑を耕したりする際の百姓たちの「へっぴり腰」でのクワの使い方と、もう一つはオノの使い方です。クワ同様にへっぴり腰でオノを振るっており、怖くてハラハラさせられます。

 30~40年前の映像のクワさばきやオノでの薪割りシーンをみると、ちゃんと「腰を入れて」やっていますが、最近の特に若い俳優のクワやオノの使い方はへっぴり腰で、危なっかしくてハラハラさせられます。若い俳優は正しい使い方を知らないとしても、演出や考証者には違和感はないのだろうか。いや、観る方も、クワやオノを使ったことがなければ違和感はないのでしょうか。

▶「へっぴり腰」とは「および腰」ともいい、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年7月15日第2358号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ