【自社ブランドのメンタルヘルスケア】第11回 就業規則で明確に/赤塚 由見子

2013.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今回は、メンタルヘルスケアに取り組む際の2つの視点について話をしたいと思います。メンタルヘルスケアをコップとコップの中の水に例えて考えてみてください。1つ目の視点といえるこれまで紹介してきたモチベーション向上や新型うつへのかかわり方などは、実はコップの中の水の部分なのです。水の状態は刻一刻と変化します。蒸発したり、コップを揺らせばこぼれたり、さらに水を注げば溢れたり…。従って、…

執筆:セントラルEAPコンサルティング 代表取締役 中央産業保健協会 理事 赤塚 由見子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月1日第2187号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ