【安全文化を創る】④成功の必須条件

2013.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

効率的な安全管理と安全エンジン

 安全管理状況を長い目で見ると、一旦重大な災害が発生すれば、少なくとも一時的には、経営者や管理者の関心は生産性よりも安全性に向きます。

 しかし、その災害原因などの改善が進めば、安全へのエネルギーは次第に低下して災害への恐れを忘れてしまい、経営者や管理者は自らの注意と経営資源(人・物・金)を生産目標達成のためにつぎ込み始めます。

 そうした状況が続くと、また事故や災害が発生するという悪循環となり、いわゆる安全成績が鋸歯状になってきます。

 図1は、ジェームス・リーズン著の「組織事故」で紹介している安全空間のイメージをもとにJFEメカニカル独自の解釈を加えて作成したものです。…

執筆:JFEメカニカル 安全衛生担当役員付理事 西坂 明比古

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月1日第2183号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ