【社労士が教える労災認定の境界線】第228回 無札乗車トラブルで勤務後に呼び出されて暴行

2016.10.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 私鉄H社の列車車掌Aが勤務中検札したところ、一青年(以下加害者)が無札で乗車していたので、事情を聞いたうえ、T駅長に処置を依頼し以後勤務を続けた。

 その後、1日経ってAが勤務を終えて帰宅し、機械メーカーL社主催のダンスパーティに参加。Aが会場で腰を下ろして休憩していたところ、ある男が「ちょっと話がある」と呼ぶので、同行して表に出たら「お前、俺の顔に見覚えがあるだろう。俺は一昨日電車の中で恥をかかされた者だ」といわれ、他の7~8人の不良少年風の男たちからも袋叩きにされ、負傷した。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 山形会 池田社会保険労務士事務所 所長 池田 順一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月1日第2267号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ