【産業カウンセリングの現場から】第126回 労働衛生の資源開発に期待

2016.10.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

メンタルヘルス問題は20年以上

 来年の東京での産業精神保健学会が第24回とのことです。今年の東京での産業ストレス学会が同じく第24回、昨年秋に小生が担当した日本ストレス学会が第32回でした。

 そのような学会の年次総会は毎年1回ですから、働く人のストレスをテーマとする調査研究が、この20~30年の間に盛んに続いてきていることが分かります。

 別な見方をすれば、メンタルヘルス不調が働く人たちの間での大きな問題であることが指摘されるようになって20年以上が経ったということにもなります。…

執筆:杏林大学 名誉教授 角田 透

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月1日第2267号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ