【想いはせれば】第42回 労働災害のニオイ

2016.09.15 【安全スタッフ】

 私が現場で働いていたころ、ほとんど毎日10時半前後に工場長が一人で現場に回ってきていました。化学工場でしたから、建物や構造物は一様ではなく、階段あり渡り廊下あり、広い通路や狭い通路など、毎日職場を巡回して歩く距離は5kmを超え約2時間の工程でした。巡回中に出会う作業者には「何か問題はないかね?」と声をかけ、「問題なしです」の返答には笑顔で「よし、よし、頼むよ」と言いながら次の現場に向かっていました。その工場長が異動で変わると、新しい工場長は現場を回ってこなくなったので、あの午前中の巡回は、会社が決めた「工場長職務」ではなかったようです。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成28年9月15日第2266号

あわせて読みたい

ページトップ