【想いはせれば】第29回 切断された少女の指

2016.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昭和49年、東京オリンピックの翌年でした。工場の食品部門では、新たに練り物のスティック製品を製造することになりました。そのため、工場の技術部門では連日製造装置や加工機械の開発・試行を行っていました。そんな時、包装機械の試運転をしていた40歳代の技術員が、試行品のフィルムのトラブルを直そうとして、機械のオープン部分の駆動部に手を入れたところ、左親指を機械に挟まれて切断する傷害を負いました。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年3月1日第2253号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ