【ちょっと一息】第29回 旅に病んで/中込 平一郎

2014.03.01 【安全スタッフ】

 芭蕉の「旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる」を気取ったわけではありませんが、私、病んだのです。仕事柄、出張が多いためなるべく健康には注意をしていたのですが、発熱しました。出かける間際に体調の変化を感じて、かかりつけの医院で薬をもらって飲んだにも拘わらずです。

 さて、旅先で病むのはなんとも心も体も弱りはてることだと知りました。「明日の仕事ができません」とは言えないのです。理由は…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成26年3月1日第2205号

あわせて読みたい

ページトップ