【事故防止 人の問題を考える】第29回 現場の安全意識向上方策その3 時に、労災は莫大な経済損失を伴うことを教える(前編)

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

繰り返し災害がまた繰り返される

 またしても、一酸化炭素中毒による重篤な災害がニュースに大きく取り上げられました。しかも立て続けにです。

 10月20日、群馬県渋川市の取水トンネル内で、中にジェネレーターを置き、高圧洗浄機を使った清掃作業を行っていた作業員3人が一酸化炭素中毒で被災し、うち1人が亡くなりました。さらに、わずか4日後の10月24日には、東北中央自動車道中野トンネル作業横坑内で、照明などのためにジェネレーターを稼動していたところ、換気が不十分であったため、休憩中の作業員3人が一酸化炭素中毒で被災しました。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ