【社労士が教える労災認定の境界線】第196回 不正手続きの調査過程で”叱責”されて自殺

2015.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 X信用金庫Y支店の融資次長Aが、部下の業務手続違反による処理を発見できないまま誤った手続きを承認し続け、内部監査によってそれが発覚した。

 X信用金庫では不正との関連性を調査するため、Aを10月20~28日の間、営業時間定時終了から3~4時間本部に呼び出し、事情聴取を行って不正との関連性について探った。そして、29日に全職員宛にAの業務手続違反行為の具体的内容を公表し、極めて厳しく非難、叱責する内容の通知を行った。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 愛知会 今西経営労務管理事務所 所長 今西 昭一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月1日第2235号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ