【想いはせれば】第17回 「粉じん強化月間」に改善

2015.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「労働衛生週間準備期間」の9月は、「粉じん障害防止総合対策推進強化月間」です。粉じん障害の「じん肺」は、江戸時代の昔から、佐渡の金山では「よろけ」といわれ、各地の鉱山などで悲惨な症状と苦しみを伴って、早死をしてしまう「不治の病」と恐れられる職業病でした。

 現代でもわが国では、トンネル掘削や岩石の粉砕、鉱物の研磨、溶接・溶断の粉じんなどで…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年9月1日第2241号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ