【産業カウンセリングの現場から】第52回 どうすれば自分らしさを発揮できるか

2013.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社員の成長を目の当たりに

 私の生業は会社員です。大学新卒として東京に本社を構える製薬会社に就職し、これまでの35年間、今の会社に勤務してきました。この間を振り返ると、無理に思い出そうとしなくとも会社員として駆け出しだったころと比べると今はいろいろなことが本当に変わったと驚かされます。見える部分ではパソコンやスマートフォン、高層ビルの立ち並ぶ街の風景……とにかく、いろいろな事柄が変化しました。そして、私たち個々人も、会社などの組織もこれらの変化への対応に日々追われています。

 このような状況のなかで仕事をし、生活している私たちですから、何らかのきっかけで自分の立ち位置を見失い、悩みに陥ることもあります。しかし、その一方で、それぞれに自分らしさを発揮することもあります。なぜ、このような違いが生じるのか。…

執筆:日本産業カウンセリング学会 副会長 上脇 貴

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月15日第2190号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ