【事故防止 人の問題を考える】第52回 飲食店の労働災害を防止しよう②

2018.12.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

作業スペースの狭さが災害要因に

 今回は、業態別に飲食店の労働災害の特徴をみていきましょう。

<ファストフード>

 商品は工場やセントラルキッチンで調理され、店舗では揚げる、焼く、温めるなどが主要な作業になることから、ファストフード全体では、高温・低温物との接触災害(火傷)が最も多発しています。

a.ハンバーガー

 高温・低温物との接触災害(火傷)が3分の1近くと最も多く、切れ・こすれ災害は1割強にとどまっています。複数階にわたる店舗が少なくないこと、店舗が狭く作業スペースが窮屈になりがちなことなどが、墜落・転落災害や飲食店平均以上となっている飛来・落下災害の要因と考えられます。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 建設安全研究グループ
部長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月1日第2321号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ