【イラストで学ぶリスクアセスメント】第52回 トラック式高所作業車の転倒

2013.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 高所作業車とは、高所における工事、点検、補修などの作業に使用される機械であって作業床および昇降装置、その他の装置により構成され、作業床が昇降装置やその他の装置によって上昇、下降などをする設備を有する機械のうち、動力を使い、かつ不特定の場所に自走することができるものをいいます。なお、消防機関が使用するはしご自動車、屈折はしご自動車などの消防自動車は高所作業車に含みません(平2・9・26基発第583号)。

 高所作業車を走行装置別に区分すると、トラック式、クローラ式、ホイール式があり、作業装置別に区分すると、「伸縮ブーム型」「屈折ブーム型」、伸縮ブームと屈折ブームを組み合わせた「混合型」「垂直昇降型」があります。今回は、小型トラックに高所作業装置を搭載しているトラック式伸縮ブーム型の災害をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月15日第2186号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ