【本当に役立つ!こころの耳】第52回 事例紹介48 適応障害になった新入社員

2017.06.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント
一人、寮のベッドで泣き明かすことも

一人、寮のベッドで泣き明かすことも

今回、「事例紹介」より紹介するのは「専門外のシステム開発の仕事が進まず適応障害を起こした事例(事例1-15)」です。
毎年、この時期に新入社員の事例を紹介しています。新入社員は、立場を変えて新しい世界に入っていくという意味で、これまでにないストレスを感じる世代です。どんな人でも新しい環境に慣れるのには時間とエネルギーを必要とします。休養をとり、気分転換をすることで元気を取り戻すことができるのですが、それでも心配があったら専門家に相談することが大切です。…

 執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年6月15日 第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ