【産業カウンセリングの現場から】第40回 メンタルヘルス推進に必要なスキル

2013.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

話しやすさは大切だけれど…

 周囲から良く「メンタルヘルスの担当者にとって、必要なスキルは何か」と聞かれることがあります。前職で、初めにメンタルヘルスの担当者を決めた時は、とにかく「人事労務の経験があって、話しやすい人」という、ただそれだけの基準でした。確かに、話しやすさは大切ですが、それだけでは足りない、日々のメンタルヘルスの業務に対応するには、それなりの専門性が必要だったのです。ですから、今ではこの質問に対して次のように答えています。

 1.洞察力があって話しやすく面倒見が良いこと、2.傾聴のテクニックや人間心理に関する基礎知識、3.メンタル不調に関する医学的な基礎知識、4.労働法に関する基礎知識、5.職場改善とメンタル不調者への対応実務

 「そんな人はいるんですか?」…

執筆:天野メンタルコンサルティング 代表 ㈳産業保健法務研究研修センター 専務理事
天野 常彦

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月15日第2178号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ