【通達クリップ注目の1本】労働時間等見直しガイドラインの改正

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

年休早期付与に配慮を

 労働時間等見直しガイドライン(労働時間等設定改善指針)が10月から改正され、「休暇取得」への配慮を求めています。年休付与までの継続勤務期間の短縮、平成30年4月から始まる「キッズウィーク」(学校の休業日の分散化)に合わせた休暇や裁判員休暇の付与を挙げています。また、子の看護休暇、介護休暇に関して、勤続期間の短い者も取得できるのが望ましいとしています。

労働時間等設定改善指針(平20厚労省告示108号)

事業主等が講ずべき労働時間等の設定の改善のための措置

(1) 事業主が講ずべき一般的な措置

 イ・ロ (略)…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ