【想いはせれば】第70回 職場の深夜作業

2017.11.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶事故や労働災害などに関して「大事故は夜明け前に起きる」(発行:講談社)という世界的に話題になった本があります。著書は米国・ハーバード大学生理学マーチン・ムーア=イード教授で、疲労と覚醒のリズムに関する世界的権威者です。

 著者はチェルノブイリ原発事故、爆発したスペースシャトル、多くの航空機や船舶、列車や貨物自動車、24時間操業の化学工場、病院など、これらの産業の大事故の多くが22時から朝6時までの間に、特に明け方の3時から6時までの間で事故の原因がつくられたり、事故が発生しているといいます。原因は関係者や運転者の疲労や眠気に伴うものと推定されます。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年11月15日第2294号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ