【産業カウンセリングの現場から】第70回 カウンセリングを使わないEAPも

2014.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

組織的課題を把握し対応

 「ストレスマネジメントは組織活性化」「メンタルヘルス対策は人材育成」――これが、私ども株式会社ロブが、組織に提供するサービスの根幹です。EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)提供者としては、ちょっと珍しい立ち位置かもしれません。元々EAPは、その言葉のとおり従業員の側に立ち、従業員を守るサービスといわれてきました。最近は、EAPの最初のEは、EmployerやEnterpriseの頭文字と解釈する、つまり経営者や組織への支援と広がっています。

 私どもが提供するサービスは、まさしくその中の組織の支援プログラムです。…

執筆:㈱ロブ 代表取締役社長 大妻女子大学 非常勤講師 前田 一寿

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月15日第2208号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ