【想いはせれば】第69回 階段での転倒災害

2017.10.26 【安全スタッフ】

▶電車を降りてホームの下り階段にさしかかったとき、頭上で小鳥の声が聞こえてきました。どこからかなと見上げながら階段を降りかけた際、段を踏み外して転倒しそうになり、横の手すりにつかまって危うく転落は免れました。

 近くにいた駅員に「あの鳥の声は…」と聞くと、「あの鳥の声ですか? 特に目が不自由なお客様に階段があることを知らせる音をスピーカーで流しているんですよ。さわやかでいいでしょう?」と自慢気に答えていました。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成29年11月1日第2293号

あわせて読みたい

ページトップ