【ぶれい考】社会保障と税の将来示せ/新谷 信幸

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 参議院選挙は政権選択の選挙ではなく、与野党の政策に対し国民が審判を下す選挙といわれている。しかし、今回の参議院選挙では意図して隠された争点がいくつかあったように思う。その一つは与党が争点化を避けた憲法改正問題であり、もう一つが与野党ともに争点から外してしまった消費税の引上げ時期再延期問題である。特に社会保障の財源に絡む消費税の引上げ問題については、国民生活の安心・安全に直結する課題であり、選挙の度にこの問題を回避する政治の責任、特に政府・与党の責任は重いといわざるを得ない。…

筆者:連合 副事務局長 新谷 信幸

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月18日第3073号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ