【問題社員に対処!懲戒権行使の境界線】第13回 内部告発/岸 聖太郎

2016.10.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

目的に公益性あるか 個人的理由は処分可能

不利益な情報漏洩伴う

 昨今、コンプライアンス意識の高まりや従来型の企業の長期雇用システムに変化が生じていることなどから、企業内部からの告発が増加している。内部告発により、企業の不祥事が明らかとなり、マスコミ等で大きく報道され、企業に著しい損害をもたらすといったケースも少なくない。

 この内部告発と似た概念として、公益通報者保護法の定める「公益通報」がある。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 岸 聖太郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月10日第3083号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ