【問題社員に対処!懲戒権行使の境界線】第11回 SNSへの書き込み/岸 聖太郎

2016.09.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

損害有無などを考慮 企業秘密の漏洩時に

会社批判行為も対象

 SNSとは、Social Net working Service(ソーシャルネットワーキングサービス)の略称で、人と人とのつながりを促進・支援する、コミュニティ型のウェブサイトおよびネットサービスのことをいう。

 近年、従業員が行ったフェイスブックやツイッター等のSNSへの不適切な投稿により、企業が非難・批判の対象となる事例が多発している。たとえば、ホテルの従業員によって有名人が宿泊しているといった個人情報・顧客情報が投稿されたり、飲食店の従業員が自ら業務用冷蔵庫内に入った様子を投稿したりすることで、企業に批判が殺到しマスコミ報道されたことなどは記憶に新しい。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 岸 聖太郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月19日第3081号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ