【ぶれい考】不条理な世界へようこそ/近藤 宣之

2016.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年も桜の花とともに、学生たちが胸を膨らませて企業社会に入ってくる。企業にとってはせっかく採用できた金の卵(?)、大事に育てたい思いがあるだろう。しかし、入社後3年以内の離職率は、大卒で3割、高卒では4割に上る。

 退職の理由として挙がるものに、①仕事がつまらない、②会社での自分の将来に夢がない、③待遇が悪い、④職場環境が劣悪だ、⑤職場が暗く、人間関係が良くない――がある。背景には、入社前の認識と実態の大きな乖離、不十分な教育制度とその仕組み、先輩社員の後輩の面倒をみるゆとりのなさ――様ざまな要素があろう。…

筆者:㈱日本レーザー 代表取締役 近藤 宣之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年4月11日第3060号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ